ELEMENTHUNTERS

ELEMENTHUNTERS_JAPANESE_TOP

年号
出来事

2024年 エイミー・カー、ジュン・カラス(レンの祖父)誕生。
2029年 カー、津波で両親を亡くす。地球に両親は殺されたと思いこんだカーは、空に向かって「地球なんかなくなっちゃえ!」と叫ぶ。
以降、カーは親戚の間をたらい回しにされながら育つ。


地球の元素が消え始める。
地球の中心から半径数p〜数kmにわたった範囲で特定の元素が消えるという現象が起きる。
2030年 予測不能な元素消失現象が続く。
2034年 カー、元素消失を目の当たりにする。
2035年 地球からの避難場所 兼 元素保管施設のスペースコロニー建築が提唱される。
あらゆる種子のデータ、可能な限り多くの人の遺伝データを長期保存する方舟計画。プロジェクト・アークと名付けられる。
2036年 政府、コロニー建設を開始。
2038年 カー14歳にして科学者になることを決意する。

元素消失が一般市民の知る所となり、世界中にパニックが広がる。
2044年 元素消失についての学校教育が始まる。
2045年 スペースコロニー完成(建設期間10年)。
プロジェクト・アークと、元素消失対策プロジェクト「プロジェクト・みらい」が設置される。
同時に月面にもバックアップ施設「月面プロジェクト・アーク」完成。
2047年 カー、23歳で量子物理学で博士号を取得。プロジェクト・みらいの研究メンバーとなり コロニーに移住する。
2049年 元素消失で大災害が起き始め、人口が減り始める。
まほらばタウンのある国でも最初の元素消失が起きる。
2052年 ダン・カラス誕生。
2056年 カー、元素消失の原因が3次元宇宙を超えたところにあるのではないかという仮説にたどり着く。
2057年 カーが主張した「元素消失は次元超越現象である」という仮説は政府から退けられるも、一部の科学者仲間には密かに支持される。

地球でAA−1が発見される。
2058年 カー、新規発足したAA−1の調査チームのメンバーとなる。
2059年 カー、AA−1は、膜宇宙を超えるトンネルの入り口(ポータル)ではないかと考え始める。
2060年 カー、AA−1を使って実験を始める。実験を進める中で、カーは偶発的にAA−1に吸い込まれてしまうが、一瞬ではじき出される。その一瞬に、カーは光の中で3つの出口のようなものを視認し、朦朧とする意識の中で自分の幼い時の声が聞こえたように感じた。しかし、それ以降AA−1には入ることができなくなる。
やがてカーは、最初の元素消失が自分がかつて住んでいた地点で起こったこと、また、同じ地点からAA−1が発見されていることに気づき、自分自身が元素消失と関係があるのではないかと考え始める。
2061年 宇宙飛行士で実験を始めるが、誰もAA−1(ポータル)をあけられないことが判明する。
同時にロボットや機械でのエントリーも試みるがポータルは反応しないことを確認。
2063年 ポータルをくぐれる宇宙飛行士が数人現れる。ただし、状況には個人差があった。ポータルが開き、その先にあるマイナス宇宙の地球「ネガアース」を認識できた人の脳から「次元フィルターローブ」が発見される。次元フィルターローブは子どもの頃はだれにでもあるが、成長と共に消失する脳の側頭葉にある器官で、持っていればポータルが開きネガアースを認識できるということが解明される。
2064年 カー、コロニーで宇宙飛行士を使ったポータル実験を行い大事故を起こす。次元フィルターローブがわずかに残っている宇宙飛行士3人にポータルをくぐらせるが、全員が死亡。一人はレンの祖父、ジュン・カラス。カーは事故の責任をとらされて左遷、地球へ戻される。(カーと敵対する科学者たちの陰謀も関与)
2065年 カー、地球にもどっても単独で研究を続け、他にもAA−1がある可能性を信じ、AA−1(ポータル)を探し始める。
2066年 政府は、次元フィルターローブを持った子どもを捜し始める。
2067年 政府の調査で、次元フィルターローブは、長くても13歳くらいまでに消失することが判明する。
2068年 政府が次元フィルターローブのスクリーニング調査開始。小学生までの子どもが調査対象になる。
同時に全新生児のゲノムチェックを実施。次元フィルターローブを持つ子どもを捜すシステムが完成する。
2069年 調査の結果、全世界で100人程度の次元フィルターローブ(FR)保持者が確認され、コロニーに設立されたFR研究機関の訓練生として能力審査の上、20人が厳選される。ハンナとホミの母は、この一期生の中の一人。
2070年 FR研究機関に、20人の訓練生が加わり、FRとAA−1の研究が進められる。
選抜されたFR保持者の訓練も始まる。
2071年 カー、移動型ラボの制作開始。

政府が、カーとは違なる「AA−1を送ってきたのは同じ膜宇宙の異性人とする」仮説を提唱する。
訓練生は10人追加され50人に。
2072年 カー、アンドロイドの育成開始。(自分が死亡したり、ラボを破壊された時のために再生するバックアップシステム)

ネガアースにFR保持者を送る「AA−1実験」開始。(ホミの母は15歳の時点でFR機能が消失し、研究機関に移る。)
2073年 カー、移動型ラボ、エレメントバンクなど全ての装備を完成させる。

選抜したFR保持者によるAA−1実験が成功。AA−1は、ゼロの壁を越えてネガアースに行くトンネルの入り口(ポータル)であることが証明される。生還した訓練生により、初めて詳しいネガアースの様子が分かる。
ネガアース調査隊として6名が任命される。
2074年 ネガアースの調査が本格開始。
2076年 3月、アリー・コナリーが誕生。
2077年 1月に、ロドニー・フォード誕生。
2月に、トム・ベンソン誕生。
8月に、キアラ・フィリーナ誕生。
9月に、レン・カラス誕生。
10月に、ホミ・ナンディ誕生。FR保持者同士の人工授精(ホミの母は20歳)。以降、2歳まで母の元で育てられる。


カー、子供の頃「地球なんか…」と叫んだ場所でポータルを発見。カーが触れると突然ポータルがはじけ、ナノポータルが地球周辺に飛び散る。一つはカーの目の中へ。その他は生後三ヶ月以内の新生児、数百人の脳に入り込んだらしい。

ネガアースの調査で、ポジ元素が確認される。
2078年 カー、マジモトら政府の研究者から極秘にエレバイルの情報をもらい受け、制作開始。カー、自分の目の中にあるナノポータル の存在を確認し、同じように体内にナノポータルを宿した子どもを捜し出す。

ネガアースに大量のポジ元素を体内に持っているモンスター化した生物の存在が確認される。
2079年 12月に、ハンナ・ウェーバー誕生。(ホミの母、違うFR保持者の精子で、ハンナを出産)
ホミの母は出産後、事故で死亡。ホミは、検査の結果、FRはあるが心臓疾患があるために、訓練候補から外され、地球に里子にだされる。(養子縁組したナンディ・スレンドラは、実はカーの支持者であり、資金提供者。やがてカーの計画に参加させるべくホミを育てる)
ハンナは、優秀なFR保持者としてコロニーの政府高官 川嶋が里親になり育てる。(川嶋は熱烈な火星移住推進者。ハンナを火星移住のパイオニアにすべく過酷な訓練をして育てる)


カー、不完全ながらもFRがあり、ナノポータルをもっている子ども7人を発見する。(うち一人は、ナンディが引き取った里子のホミ)
この時点で、カーはポータルが何者かの意思で動いていることを悟る。


モンスター化した生物からポジ元素を回収するシステムの研究開始。
エレバイル、リアクターエッジ研究開始。
2081年 政府が、エレバイルのプロトタイプを完成させる。
2082年 カーも、エレバイルのプロトタイプを完成させる。
2083年 ナンディ、ラボのあるまほらばタウンに引っ越しし、今まで住んでいた洋館を移設する。(洋館には実はたくさんの細工がされている)
まほらばタウンは、事故で死亡したジュン・カラス少佐の息子家族が暮らす街。カラス少佐の孫、レンにも、不完全ながらFRとナノポータルがあることは調査済み。


政府がエレバイルを使い、ネガアースのモンスター化した生物からポジ元素回収実験活動開始。
回収実験要員に6名が任命される。
モンスターには、5種類のポジ元素が入っていることが判明し、QEXと命名される。
2084年 カー、まほらばタウンの廃墟ホテルに移動型ラボ(見かけはトレーラー)を設置し、カモフラージュプログラムを作動させる。

政府がエレメントバンクシステムを開発。
2085年 政府のエレメントハンター(EH)本格活動が開始される。
第一期EHの3名が任命される。
2086年 キアラ、ロベルトの急な転勤でまほらばタウンに引っ越ししてくる。(カーの選んだ3人のEHがこの街に揃う。実はカーとナンディがしくんだこと。)

政府の探索が厳しくなり、肉体が邪魔になったカーは、脳を強力な磁気により完全スキャンし焼失させ、データを世界中のコンピュータとアンドロイドに移植。カーの永眠と同時にホログラムシステム機動、アンドロイドのユノも機動。

エレバイル、ブースターウェアが完成。
2088年 第二期EHに、アリー・コナリーが任命される。
2089年9月 ナンディ・スレンドラ病死。

レン・ホミ・キアラの三人は、カーのしくんだ罠(!)にはまり、エレメントハンターとなる。

第三期EHとして、アリーにロドニー・トムが加わる。
2089年11月 アリー、殉職と報道される。

アリーはカーに誘われて地球へ脱出。ラボに合流する。

政府はアリーの代わりにハンナをEHリーダーに任命する。
2090年1月 地球チーム、シェイプシフターと遭遇。
2090年2月 地球チーム、シェイプシフターからパーツを受け取る。
2090年3月 ポータルが閉じてしまう。
ユノ、解決のために地球のコアに飛び込む。
2090年4月 政府協力の下、地球チームが11次元へアクセスし、元素消失を止める。